50代のシニア男性が婚活するには?アピールポイントやコツを教えます

50代の男性で独り身という人は意外と多いです。

その人たちは離婚や死別が理由で独り身になった人や、結婚したことがない人達です。

50代で独身だと、将来一人で生きていくことに不安になる人もいるでしょう。

そこで婚活が重要になるです。

ここでは50代男性の婚活事情、アピールポイント、婚活のコツなどを紹介していきます。

50代男性の婚活事情

50代男性の婚活事情としては、市場の需要からいうと厳しいものがあります。女性側から見るとデメリットの方が多く見えてしまうからです。特に婚活をしている女性は子供がほしい人が多いです。子供のことを考えると50代男性に悲観的な女性がほとんどでしょう。生殖能力として、子供を授かる確率が低くなっているからです。そのような事情があっても、若い女性を望む男性は多いのが実情です。結婚するなら若い女性と考えると、子供の問題は小さな問題ではなくなります。

相手も子供のことを考えない年齢であれば、その点は考慮しなくても良いかもしれません。しかし、子供を産める年齢であれば、子供がほしいと思うのは女性の本能かもしれません。また、子供の問題で言えば、50代の男性がその年で子供を授かっても、育てるのが難しいと考える女性は多いでしょう。成人する前には会社を退職をするでしょうし、年金で子育てをするのは難しいと考えるのです。子供の養育費はどんどんかかるのに収入は減る可能性が高いのでは、安心して子供を産める環境ではないのです。

ただし、この問題は女性が子供を産める可能性がある年齢である場合に限られます。50代男性が婚活で希望するのは若い女性だけではないでしょう。自分の年に相応しい女性を望むのであれば、子供の問題はクリアになる可能性は高いです。他にもすでに子供がいたり、新しく子供がほしいとは思わない人は50代男性も結婚対象になるのです。個人的には年齢よりも性格に重点をおくと、選択肢が広がると感じます。

年収や職業でアピール

若さでアピールできない50代男性が、アピールするポイントは年収や職業です。女性側が男性に求めていることとして、経済力があります。年収や職業が女性からは魅力的に見えることがあるのです。特に年収は一般的には50代になれば、増えていることが多いのでアピールポイントとして活用できます。生活にはお金が必要になりますので、収入が多いというだけで女性から見れば魅力的でしょう。女性が安定していない職業だったり、年収が低かったりした場合には、この点をアピールポイントとして押すことが効果的です。また、職業が魅力的に見える人もいます。その仕事をずっとしてきた人はノウハウや人脈を持っているので、どう転んでも働いてくれそうと女性は思います。

若い人はその点で信用できないこともあるのです。50代になれば実績があるので、どんな状態になっても仕事を続けて、養ってくれるという期待を持てます。女性としてはそのような安心を持たせてもらいたいと考えています。子供がいたら、子供を養うことが最優先という女性も多いでしょう。そのために、50代男性の経済力を必要とする可能性もあるのです。それであれば、50代男性は年収や職業を女性にどんどんアピールする方が効果的です。私は具体的な年収を言うよりも毎年海外旅行に行っている等の、比喩表現をした方が効果が高いと思っています。相手に想像させた方が、上手く引き付けることができるからです。

安定感をアピールする

50代男性は生活の安定感をアピールすることが大事です。職業が安定していれば、平穏な日常を送っている人が多いです。それは50代男性のアピールポイントになります。女性は安定した結婚生活を望みますので、経済的に安定していることは重要なポイントになるのです。また、精神的にも安定していることをアピールできれば、かなり評価は高くなります。結婚生活の安定には精神的な安定も含まれています。その意味では50代男性は安定を提供してくれる相手と考える人は少なくないでしょう。

喧嘩をしたりすることに疲れてしまった女性にこの傾向は強いです。安心で安定した結婚生活を望む女性であれば、50代男性も結婚対象に入ります。ただし、その点をしっかりアピールすることが大事です。安定していることはアピールしなければ伝わりません。例えば、平穏な毎日を送っていると伝えることです。平穏な毎日を過ごしている人を、女性は安定していると考えるのです。精神的に安定しない人は、平穏な毎日を過ごすことはできないでしょう。

シニア向けの婚活に参加する

50代の男性が婚活をするなら、シニア向け婚活に参加することが重要です。結婚相手として若い人ばかりを見ていると、いつの間にか誰も結婚できなくなる可能性があるのです。そうならないようにいい人に出会える可能性が高い、シニア向け婚活に参加することが大切になります。同じような年齢の人がいますし、話が合うという意味ではシニア向け婚活の方が50代男性には合っています。また、シニア向け婚活であれば、50代というマイナスポイントを気にないで済むことが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました